« 映画鑑賞日記・その11 | トップページ | 映画鑑賞日記・その12 »

TOTO来日公演 (2011年9月27日 日本武道館)

2008年に活動を休止した彼らが、現在療養中(筋萎縮性側索硬化症)のベーシスト マイク・ポーカロの闘病支援のために、ヨーロッパと日本で限定ツアーを行いました。
これ、初めは5月の予定だったのですが、3月に起きた地震のために9月まで延期されていました。
延期が決まったのは4月だったので、なんだかもうすっかり忘れてしまって、この5か月、一緒に行った兄に何度も「そういえばTOTO来るのいつだっけ?」と聞いていました。

前回彼らの公演を聴きに行ったのは確か20年ほど前。そのときも兄と一緒でした。
翌年ぐらいに(うろ覚え)ドラムのジェフ・ポーカロが亡くなったというニュースを聞いたときに兄と、行っといてよかったねー、と話したのを覚えています。


今回の来日メンバー

スティーヴ・ルカサー(g, vo)
デヴィッド・ペイチ(key, vo)
スティーヴ・ポーカロ(key, vo)
ジョセフ・ウィリアムズ(vo)
サイモン・フィリップス(ds)
ネイザン・イースト(b)


今回S席9000円というとてもいいお値段だったので、来日を知ったときは行くつもりはなかったのですが、ボーカルがジョセフ・ウィリアムズと聞いて行くことにしました。
彼がボーカルを務めたアルバムは「FAHRENHEIT」と「The Seventh One」だけですが、私がいちばんよく聴いている彼らのアルバムはこの2枚なので、私にとっては最もなじみのあるボーカリストです。
ちなみに彼は映画音楽で有名なジョン・ウィリアムズの息子さん。
ほんとうにいい声ですよねー。

私はすべてのアルバムを聴き込んでいるわけではないので、何曲か知らない曲がありました。
曲名全部わからないなーと思っていたら、ウドー音楽事務所のページにちゃんと載っていました。
(でも、今リンク貼ろうと思ったら、もう見られなくなっていました・・・残念)


Child's Anthem
Till The End
Afraid of Love
Lovers in the Night
Somewhere in The Night
Pamela
Lea
Gift of Faith
Keyboard Extravaganza
Africa
Human Nature
Rosanna
Georgy Porgy
Stop Loving You
Home of the Brave
Hold the Line (encore)


始まる前に兄に「1曲目は何かなぁ?」と言ったら、「絶対Child's Anthemだと思うんだよね」。
さすが!
そしてアンコールの前に「何やるんだろうねぇ?」と言ったら、「Hold the Lineじゃないの?」
さすが!

彼らの大ヒット曲「Rosanna」はやっぱり盛り上がりました。
これがライブで聴くとまたいいんです!改めてよくできた曲だなぁ、と思いました。
オープニングからわくわくしますが、Aメロ2回目の7度上がるところとか!

武道館に向かうときから感じていたのですが、お客さんの年齢層が高い。(ま、当然ですね)
会社ではベテラン社員のみなさん、きっとこの日は何か月も前から会議とか入らないようにスケジュール調整したんだろうなー。
アリーナ席の方々はオープニングから立ち上がっていましたが、その他はほとんどみなさんおとなしく座って鑑賞。
立つと前見えないし、疲れちゃいますからね。
歳を取るっていうのも悪くない、と思いました。
帰りにグッズ売り場を通る30代男性「中学生のときはTシャツなんて買えなかったけど、今は買えるよなー」
手を繋いで帰るカップルは、もしかして初デートは20年前の来日公演だったかもしれないですね。
いいおとながこうしてなにも考えず楽しめる、みんなで大合唱できるってたまには必要な時間です。

そしてお客さんもですが、ステージの本人たちがものすごくノリノリで、なんか変なダンスをしたりして、とても微笑ましかったです。
もういよいよ日本で観られるのはこれが最後かもしれないので、今回もやっぱり行ってよかったなぁと思いました。

|

« 映画鑑賞日記・その11 | トップページ | 映画鑑賞日記・その12 »

06.音楽」カテゴリの記事