« 丸の内ピカデリー1・2 | トップページ | 映画鑑賞日記・その7 »

第83回 アカデミー賞 授賞式

元々3月の12日にNHKで放送予定だった今年のアカデミー賞授賞式。
11日に起きた地震のため、当然12日の放送は中止となりました。
その後も震災関連の番組が続き、もう今年は見ることができないのか…と半分諦めていた頃にようやく放送されました。
その頃はまだ普段の生活も震災の影響を多く引きずっていた上に、計画停電や頻繁に起こる余震などで、どうしても落ち着かない日々でした。
そんな中、特に今年の授賞式は元々観るのをとても楽しみにしていたので、この上なくうれしい放送でした。

今年のアカデミー賞授賞式は、2011年2月28日、ハリウッドのコダック・シアターで行われました。
視聴率アップを狙ったようで、司会はアン・ハサウェイとジェームス・フランコ。

今年は特に、司会者自身も、演出・脚本なんかも大変よね…と思わずにいられない授賞式でした。
ここのところ司会者は毎年違うけれど、この選定も難しいんだろうなー。

2年前にヒュー・ジャックマンが司会をやると聞いたときには、どうなんだろう?と思いましたが、結果的にこの年の授賞式はほんとうに素晴らしかった!
コメディアンが司会をするときと違い、ショーとして完璧とも言えるほどの演出がなされていて、彼の歌や踊りも見事でした。そしてなにより構成がよかった。

私が初めてアカデミー賞の授賞式を見たのは1990年。
ビリー・クリスタルが司会をしていて、今まで見たことのない世界にわくわくしたのを覚えています。
それ以来、20年分のアカデミー賞授賞式の映像はほぼすべて(無いものもあるんですよね、なぜか…)ビデオに録画したものを持っています。
まあ、何度も繰り返し見たものは、その1990年のものと2年前のものぐらいですが。
おととしのショーが素晴らしかったので、もうそろそろビデオはやめておいた方がいいのではないかと思い、去年の授賞式放送直前に、DVDレコーダーを購入しました。

えーっと、今年の授賞式の話ですよね。

アーロン・ソーキンはゴールデン・グローブのときも思いましたが、スピーチが上手ですね。
こういうときはどうしても関係者にお礼を言うだけの、聞いている方(特に、開場にいる関係者でもない私たちのようないち視聴者)にとってはおもしろくもないスピーチになってしまいます。
ソーキンはきちんと関係者にお礼をいいつつ、その中にほんのちょっと気の利いた説明を付け加えて、私たちにも退屈ではないスピーチをしていました。ま、脚本や脚色で賞を獲るぐらいの人ですからね。

そしてなんといっても素晴らしかったのは、スピルバーグの作品賞の紹介。
「間もなく10作品のうちのひとつが『波止場』『真夜中のカウボーイ』『ゴッドファーザー』『ディア・ハンター』の仲間入りをし、残りの9作品が『怒りの葡萄』『市民ケーン』『卒業』『レイジング・ブル』のリストに名を連ねます」

名作はアカデミー賞を獲らなくても名作なんですよね。
私は、今年ジェシーとフィンチャーがノミネートされたこともきっと忘れない。

終わってしまうと、結局何が・誰が受賞したのかすぐ忘れてしまうので、今年の主要受賞一覧。

・作品賞
「英国王のスピーチ」

・主演女優賞
ナタリー・ポートマン 「ブラック・スワン」

・主演男優賞
コリン・ファース 「英国王のスピーチ」

・助演女優賞
メリッサ・レオ 「ザ・ファイター」

・助演男優賞
クリスチャン・ベイル 「ザ・ファイター」

・監督賞
トム・フーパー 「英国王のスピーチ」

・脚本賞
デヴィッド・サイドラー 「英国王のスピーチ」

・脚色賞
アーロン・ソーキン 「ソーシャル・ネットワーク」

・美術賞
「アリス・イン・ワンダーランド」

・撮影賞
「インセプション」 

・編集賞
「ソーシャル・ネットワーク」

・作曲賞
「ソーシャル・ネットワーク」 

・外国語映画賞
「未来を生きる君たちへ」 デンマーク

|

« 丸の内ピカデリー1・2 | トップページ | 映画鑑賞日記・その7 »

08.授賞式」カテゴリの記事